エネルギーシンギュラリティの旅

飯田哲也

東日本大震災以降、その重要性が明らかとなった「再生可能エネルギー」をテーマに、その分野の第一人者、NPO法人環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也氏に、再生可能エネルギーについて専門家としての視点で寄稿いただいたレポートを公開中です。

飯田哲也(いいだてつなり)エネルギー・チェンジメーカー
国内外で有数の自然エネルギー政策のパイオニアかつ社会イノベーター。京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻修了。
東京大学先端科学技術研究センター博士課程単位取得満期退学。
ルンド大学(スウェーデン)客員研究員、21 世紀のための自然エネルギー政策ネットワーク(REN21)理事世界風力エネルギー協会アドバイザーなど国内外で自然エネルギーに関わる営利・非営利の様々な機関・ネットワークの要職を務めつつ、国や地方自治体の審議会委員等を歴任。
「北欧のエネルギーデモクラシー」「自然エネルギー政策イノべーション」など著書多数。1959年山口県生。

記事一覧

12