あなたの所有している土地、売ってください!貸してください!

「手放したい土地がある…」「売却に出している土地に買い手がつかない…」
「荒廃してしまった土地を売りたい…」「農地維持に苦労している…」など、お困りではありませんか?
弊社では、太陽光発電システムを設置できる土地を募集しております。
山奥や山林、原野にある土地、遊休地などの売却・賃貸をお考えであれば、ぜひご相談ください。
当社スタッフが現地に太陽光発電を設置可能か調査した上で、購入・賃借いたしますのでお電話もしくはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください!

このような地主様、是非お電話ください。

土地活用の選択肢 太陽光発電遊休地や不動産を有効活用するなら
「太陽光発電」を導入するのがおすすめ!

これまでにも不動産を使った投資に役立ててきた方も多いかと思いますが、すでに土地を持っている場合にはその投資方法の幅は大きく広がります。
もしも今、「現在お持ちの土地をどのように有効活用したら良いか」と思われている方がいらっしゃいましたら、ぜひその土地に「太陽光発電」を導入することをおすすめします。

土地を有効活用できる「太陽光発電」

駐車場を経営しているけど利用者がいない、受け継いだ土地を活用する方法が分からない、今よりも安定した土地の使い道を知りたいという方におすすめの「太陽光発電」は、長期にわたり安定した収入を得られる、使っていない土地を最大限有効活用できるといったメリットが生まれます。

リスクが少ない太陽光発電投資

リスクが少ない太陽光発電投資
マンションやアパートなどを建てようとすると、土地があっても多額のイニシャルコストがかかってしまいますし、常に入居者がいなければ安定した収入を得ることは叶いません。
その一方で、太陽光発電投資であれば、設備の設置が終わって無事に稼働が開始されれば、その後は国の施策である固定価格買取制度により安定した売電価格が約束されています。もちろん太陽光発電システムの購入や設置など、初期費用や定期的なメンテナンス費用はかかります。しかし、初期費用が高いマンションやアパートに比べて初期費用や管理費用などがかからない分、リスクを最小限に抑えられながら始められるのが太陽光発電投資の大きな特徴であるといえるでしょう。

太陽光発電を導入できる土地の種類

太陽光発電を導入できる土地の種類
所有地をお持ちの方によって土地のタイプが異なりますが、太陽光発電はさまざまな土地に活用できることが大きな特徴です。場合によっては転用申請が必要になりますが、遊休地や農地、駐車場の跡地、工場や倉庫の跡地など、用途も異なる土地に太陽光発電システムを設置して有効活用することができます。尚、買取制度が適用される産業用太陽光発電を設置する場合は、50kWシステムであれば大体250~300坪ほどの敷地面積が必要だとされています。
※すでに土地を所有しているのであれば、あとは太陽光発電システムを購入、設置、電力会社への申請作業を行いますが、この作業は専門の仲介業者に依頼すると安心です。【Rナビ】では、太陽光発電システムの購入やメンテナンスサービスなど、お持ちの土地に太陽光発電導入をお考えの個人、法人様を全力でサポートさせていただきます。

土地活用で太陽光発電を選択することのメリットについて

マンションやアパート経営、駐車場運営、賃貸など、さまざまな土地活用法がありますが、リスクは小さくても安定した収益を得られると人気の活用方法が「太陽光発電」です。
そこで今回は、所有している土地の使い道に悩んでいる方に向けて、「土地活用で太陽光発電」を選択することのメリットについてご紹介します。

①固定価格買取制度により安定収入が得られる

固定価格買取制度によりの安定収入が得られる
土地活用で太陽光発電を選択する一番のメリットといえるのが、国が定めた固定価格買取制度(FIT制度)により「安定収入が得られる」ということです。住宅用太陽光発電であれば契約した固定価格を10年間、産業用太陽光発電であれば20年間は発電した電力を固定された価格で電力会社に売電することができます。こちらの制度は国から定められているため、適用期間であれば発電がある限り継続して収入を得られるようになります。

②条件の悪い土地でも発電できる

条件の悪い土地でも発電できる
太陽光発電システムはその規模に関係なく、日射量を確保できれば一定の発電効率を保つことができます。また、設置する土地の広さに合った規模のシステムを選ぶことができるため、郊外や農地など、条件の悪い土地であっても事業化することが可能です。
マンションやアパート、駐車場などの場合は、入居者がいなければ収益を得られませんが、太陽光発電であれば人口が少なく条件が悪い土地でも安定した収入を期待できます。
また、近隣に住宅があった場合でも、太陽光発電であれば大きな騒音がでる心配もないので安心です。ただし、ソーラーに当たった反射光の角度によってはトラブルにつながる恐れがあるため、反射光対策には十分注意しなければなりません。

③メンテナンス費用や維持費があまりかからない

メンテナンス費用や維持費があまりかからない
20年という長期にわたり売電価格が固定化される太陽光発電は、その耐用年数の長さが特徴であり、メンテナンスが比較的少ないことも大きな魅力の一つです。高い発電効率をキープするためには、定期的にパネルの掃除などが必要にはなりますが、ほかの投資事業と比較するとメンテナンス費用や維持費用など、大きなランニングコストがかからないことが大きなメリットです。ただし、万が一の故障や不備に備えて、修理や部品交換にかかる費用を予め用意しておくとより安心です。
※この他にも、二次利用が難しい買い手の少なく売れない土地や、貸すことができない土地などを最大活用するためにも太陽光発電システムを導入することがおすすめです。もちろん、場合によってはデメリットになることもありますが、それ以上に空いている土地に太陽光発電を導入することのメリットはたくさんあるため、お持ちの土地を活用したいというときには「太陽光発電」の導入をご検討ください。

お気軽にご相談・お問合せください!

メールでのお問合せはこちら

お電話での受付(平日のみ)10:00~18:000120-930-337